インプラント

当院がインプラントをお勧めする場合

 

当院は、東京医科歯科大学で培った知識や経験を最大限に活かして、「歯の保存」に誠心誠意努めていきたいと思っております。

その上で、患者様のお口の中の条件に見合っていれば、インプラント治療をお勧めしております。

理由は一つ。

他の歯の切削がないという特徴は、1番歯の保存に適していると考えるからです。

 

これは欠損補綴を行う前と行なった後のイラストになりますが、これらはその前の準備の治療があります。

 

これを見ると、インプラント以外の選択肢は少なからず隣の歯を削らないといけないことが分かります。

下に歯の一生の図を載せておりますが、歯を削ることは少なからず歯にダメージを与えることになりますので、歯の一生のサイクルの駒を進めることになります。勿論歯を失ったまま放置することのデメリットは大きいですし、しっかりケアすることで歯の一生のサイクルを手前の方で安定させることも可能ですから、義歯やブリッジによって歯を削ることが悪いわけではありません。

しかしながら、もしインプラントという選択肢が可能であれば、歯に全くダメージを与えず、サイクルの1歩目を踏まないで済むため、歯の一生をより長持ちさせることにつながると考えております。

 

勿論、歯の一生だけでなく、お口全体の健康も考えて治療していきたいと思っております。