歯周病とは

歯周病

~歯周病とはどの様な病気か~

歯周病をご存じでしょうか。

歯周病がどの様な病気かと聞かれれば、一言で言えば例えば次の様な答えが挙げられるかと思います。

・歯周病は炎症疾患である。

・歯周病は骨を溶かす病気である。

・歯周病は世界最大の感染症である

・歯周病は生活習慣病である。

ここではもう少し詳しく説明していきます。

歯周病は読んで字のごとく、歯周組織の病気です。別のページも書きましたが、歯周組織は歯肉、歯槽骨、歯根膜などが含まれます。

みなさんはひょっとすると口の中をみると歯と歯肉(歯茎)しか見えないので、歯周病と聞くと歯茎の病気と思われるかもしれませんが、歯周病が進むと、歯を支えているこれら全ての歯周組織がダメージを受けてしまいます。さらに腫れた歯肉は原因を除去すると元に戻りますが、炎症が進行して歯槽骨が吸収してしまうと基本的に元に戻りません。

治療も原因となっているプラークや歯石を除去してこれ以上進行させなくすることが目標となります。歯周病の治療において大事なのは、進行する前にリスクを抑える予防治療を行うことと、進行しまった組織をそこで食い止めることです。

また歯周病は炎症疾患であり感染症です。みなさんのお口の中には当たり前のように細菌が存在しおります。これらの細菌を常在菌と言いますが、健康な状態では体の免疫力で炎症反応は抑えられています。この細菌の量が増えすぎて体の免疫力よりも細菌の毒性が上回ると炎症が進行し歯周病になってしまうのです。

では歯周病はどの様に進行するのでしょうか。歯周病の進行の仕方を簡単にイラストで示したのが次になります。

歯周病は大きく分けると、歯肉炎と歯周炎の2つに区別されます。

初期の感染で、歯肉だけが腫れている状態を歯肉炎と言います。一般的に歯肉炎の段階では、原因(多くの場合はプラーク)を除去すれば元の健康な状態に戻ります。

この歯肉の炎症状態が慢性的に続いて、歯肉の下の組織まで炎症が広がり、歯槽骨が吸収してしまうと歯周炎と診断されます。繰り返しになりますが、歯周炎の厄介な点は基本的に元に戻らないということです。(限られた条件でのみ、再生療法が行われます。)よって大事なのは、定期的なチェックで歯肉炎の段階で治療して、歯周炎にならない様にすることです。