新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大に対する当院での対策ならびに治療について(5/3更新)

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大が懸念されることから、非常事態宣言が出されてまもなく1ヶ月となりますが、1ヶ月程度の延長が検討されていると報道されております。
患者様におかれましても、不安な気持ちで日々の生活を送っていらっしゃることと思います。

5月1日に日本歯科医師会から以下の声明が出されました。

上記に記載されているように
「これまで歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません。」

当院では、従来より使用する器具の消毒・洗浄・滅菌は徹底しており、感染予防にも高い配慮を施して診療しておりましたが、

この状況を鑑みて、当院では、手指消毒・口腔内消毒・咳エチケット(後述)などのスタンダードプリコーションの徹底、待合室での密集を避けるため座席間距離を十分に取る、診療時間の短縮等、出来る限りの感染対策を講じた上で、診療は継続しております。

そのうえで、当院から来院される患者様へのお願いをさせていただきます。

受診の際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット (咳やくしゃみをする際に、マスク・ティッシュ・ハンカチ・袖等を使って、 口や鼻をおさえるなど)の徹底をお願いします。

感染拡大防止のため、受付時に患者様・ご利用者様に「体温測定(検温)」していただく事を検討しておりましたが、正確な値が表示される非接触式の体温計が現在品薄で入手困難になっており、当日の検温が難しい状況です。
つきましては、受診当日、ご自宅での検温を行い、37.5℃以上の発熱や体調不良が認められた場合は、受診日を変更していただくようお願い申し上げます。

上気道・呼吸器症状(鼻水・咳・呼吸困難など)が認められた患者様につきましては、当院の判断において当日の受診をお控えいただく場合がございます。

以上、お願いごとばかりとなりますが、全ての患者様が安全に、安心して通院できるよう、当院としても従来以上に感染防止対策に全力で取り組んでまいりますことをお約束いたします。

ご理解ならびにご協力くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

2020年5月3日 トータル歯科東京青井